頭皮とフケ

スポンサードリンク

乾癬患者の頭皮へのシャンプー・トリートメント(実践編)


洗髪法


髪をよく湯に浸すこと。

石鹸かシャンプーでよく泡立て
  しばらくそのまま待つ。
  (1〜2分)

指先でマッサージ(絶対つめを立てない)
  している間は、
  十分な泡が必要なので
足りない場合は、湯や石鹸を
つぎたすこと。

髪を頭の上に束ねて
(髪が長い場合)
シャワーキャップをかぶり
目や顔に、せっけんやシャンプーが
たれてこないように、
  タオルをキャップの内側にぐるりと
  巻き込む。

タイマーは、10分にセットする
頭皮が炎症を起こし
痛みを覚える場合には、5分にする。

時間が来たら、熱めの湯を
流しながら、髪をすすぐ。


1〜5までをくりかえし
よくすすぎ、よく拭き取る。
 
酢を60ccほど計量カップに取り、
  180ccのぬるま湯を
加える。

  
よく混ぜて、
  ゆっくり頭部全体にかけ、
30秒間やさしく頭皮を、マッサージする。
 (頭皮にひび割れがあると、
  チクチクするが、心配はいらない


 次に、2分間そのままにしておき
それから、ぬるま湯ですすぎ
仕上げに出来るだけ冷たい水で
すすぐ。

髪は、タオルで乾かし
整髪料やスプレーなどは
  使わない。


(補足)

生えぎわの発疹には、
白色ワセリンをつかうといい

洗髪を終えてから
患部に指先か綿棒で塗りましょう。

頭皮の落屑が多い人は
週に2回行うとベスト。

10回〜15回で
(もっと早い場合がある)
効果がでてくるが、
1回で効き目が表れる人もいる。


>>準備編はこちらから


スポンサードリンク
Copyright (C) 乾癬(かんせん)の改善法や食生活など日常での付き合い方を伝授. All Rights Reserved.
やせた芸能人
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。